高齢者向け住宅が足りていない現状

ビル

日本では、まだまだ高齢者向け住宅の数が足りていません。
年々新しく高齢者になる人の数は増えています。
そのスピードに、高齢者向け住宅の建設スピードが追いついていないというわけです。
確かに、マンションを一つ建築しようとするだけで、かなりの年月がかかるものです。
大きなマンションなら、企画段階から十年以上もの歳月を必要とするケースも多いです。
現状、高齢者向けのマンションが不足しているのは一種仕方のないことなのかもしれません。
ただ、今後は空き家の問題もクローズアップされているように、物件の数には余裕が出てきます。
中には、空室率改善のために高齢者向けのサービスを付加するマンションも出てくることでしょう。
今後数年かけて、状況は改善していくものと見込まれています。
ただ、そのスピードを上げるための政府の工夫は求められています。
補助金を支給するなどして、より早期に高齢者が安心して暮らせる住宅環境を作っていく必要があります。


Menu

最新情報